駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

駐車場ゲート通信

HOME>駐車場ゲート通信

駐車場ゲート通信

ゲートシステムで使用するセンサー

技術情報

2014年5月15日

■ゲートシステムで使用するセンサーは?

センサー(センサ)といいますと、
対象とするモノや空間に対し、その状況の変化を検知する機器
と考えられます。

水槽などで使用される水位センサーや空間においてガスを検知するセンサーなど
さまざまなセンサーが存在します。

ゲートシステムで使用するセンサーは物体を検知するセンサー金属を検知する
センサー
が主に使用されます。

■弊社で使用しているセンサー例

弊社カーゲートの直下検知センサー拡散反射型センサーを採用しています。
物体がセンサーの前に来ると光の反射による光量の増加を検知することで物体が
いることを認識します。

拡散反射型センサーは、直線的な検知範囲を持ちますが、特殊形状の車両などが
通行する場合、直線状でしか検知できないため隙間などがありますと検知できな
い場合があります。

そのため、弊社ではあくまで補助センサーとして直下検知センサーを使用しています。
※直下検知センサーを利用したゲートの閉鎖など、運用の根幹に絡む使い方は
不可とさせていただいております。


直下検知センサー.jpg

大型車両が通行する場合に弊社で主に用いるセンサーは透過型センサーという
仕様のセンサーを使用しています。

直下検知センサーのような拡散反射型センサーでは十分に検知できない場合に
この透過型センサーを使用することでより確実に物体検知が可能になります。

透過型センサーは通路に一本の線を張り、それを遮ると光量の減少を検知し、
物体がいることを認識します。

同じ直線的な検知方法をとる場合でも、拡散反射型センサーが1-2Mの検知
範囲しかないのに対し(弊社直下検知センサーの場合)、透過型センサーは
2センサー間を検知範囲とするため確実性が高い検知方法となります。


投受光センサー.jpg

地面に埋められるセンサーとしましては、ループコイルセンサーを使用しています。
ループコイルは金属が近づくことにより磁場の変動が生じ、その変動を検知し、
金属体が存在することを認識します。

ループコイルはその検知方法によって、金属以外の人や動物などを検知しない
ため、人や動物などと分けて検知することが可能となります。


ループセンサー.jpg

■その他のセンサー

センサーには超音波により物体検知するセンサー透過型センサーのような
線で捉えるのではなく面で捉える広範囲を検知するセンサーもあります。

弊社では設置場所や運用に応じてセンサーをお選びし、ご提案しております。
センサーに関するご質問など、どうぞお気軽にお問合せください。(文責:営業部 武藤)

■料金の徴収は必要ない場合

公共施設において、料金の徴収はしないのだけれど無断駐車を防ぎたいとのお問い合わせを
いただきました。
施設や公園など昼間は多くの市民に利用していただき、だれでも自由に出入りをしていただく。
しかし夜間などの、施設の利用時間外はあまり利用してほしくない。との目的です。

無断駐車禁止の看板

■利用時間外はカーゲートを閉鎖

そこで、弊社は「フリーゲートシステム」の提案をさせていただきました。
カーゲートシステムにはタイマー制御を組み込むことができます。
施設の利用時間はゲートを開放してだれでも利用していただきます。
時間外はゲートを閉鎖して入場を規制することができます。
ただし退場の際はゲートに近づけばループコイルセンサにて車両を検出。
入場を規制し、退場はゲートが開くフリーゲートシステムでの運用で、施設内の車両は自由に出る
ことができます。
そのほかオプションで警告灯を設置。
施設の利用時間外にゲートに近づけば「本日の業務は終了いたしました。」
フリーゲートで退場する場合は「車が出ます。ご注意ください。」などアナウンスを流すことができます。
※アナウンスはその他にも種類があります。

入場規制、退場自由の「フリーゲートシステム」導入例

■お客様の運用に合わせた御提案

このように、カーゲートを利用したシステムは料金を徴収する駐車場システムだけではなく、
車両の規制をするためのシステムとして利用することもできます。
弊社ではお客さまの運用、要望に合わせたシステムを御提案することができます。
様々なご提案をさせていただきますので、お気軽にお問合せください。(文責:営業部 玉腰)

車社会と駐車場整備の必要性

カーゲート機器

2014年5月13日

■駐車場不足の現状

日本は車社会です。最近でこそ、若者の車離れとか、車をシェアするという考え方が広まってきて
一家に一台二台という時代ではなくなってきたのかもしれません。
それでも弊社がある岐阜県では、公共交通機関があまり良くないこともあり、一家に数台・・・、成人の
数だけ車がある家庭も少なくありません。 そうなると車と切っても切れない関係が『駐車場』です。

大手トヨタ自動車のお膝元である愛知県を主とした中部圏を例にとれば、工場や店舗、商業施設や
レジャー施設
など人の集まるところに駐車場は必須です。
駐車場とは単に車を停めるだけの場所ではありません。だだっ広い場所を施設等の近くに用意すれば、
駐車場の体を成すというものではないのです。

■駐車場整備の必要性と打開策

大きな工場や施設になればなるほど、整備された駐車場が必要となってきます。 駐車場を整備した
場合、必ず発生するのは『不正駐車』『無断駐車』です。それらは単なるマナー違反とか、モラル低下
というだけの問題ではありません。 犯罪を招く場合もあります。

例えば工場に隣接された従業員用の駐車場では、車上荒らしや盗難などが問題になります。
これらは、 ICカードリモコンゲートなどで入退場を規制することで不正侵入を防止でき、 監視カメラ
を設置すればセキュリティの面が強化されます。


ICカードゲートシステムの導入例
※ICカードの導入例・・・手前のICカードリーダにICカードをかざすとゲートバーが開きます


リモコンゲートの導入例
※リモコンゲートの導入例・・・車内で無線リモコンを操作するとゲートバーが開きます

商業施設などのお客さま用の駐車場では、管理されていない駐車場では不正や無断駐車が横行しま
すが、料金精算システムを設置することで、利用者以外からの料金徴収が可能です。もちろんご利用
のお客さまには駐車料金をサービスすることもできます。

また、比較的安価なメダルゲートシステムも店舗やクリニック等でご利用いただいています。

メダル式ゲート
※メダル収受機にメダルを投入する例

駐車場が整備され、管理されていることでお客様に安心感を与えることができます。

他にも病院など医療施設の駐車場では、不正や無断駐車は大きな問題です。それによって、本来施設を
利用したい患者さんが駐車できないことで病院に行けなくなることも考えられます。
これでは病院にとって大切なお客さまを守ることができなくなります。

料金精算システムの導入例
※公共施設に導入した移動式駐車場例 [岐阜県・郡上八幡産業振興公社様]

このような施設でも料金精算システムが利用され、利用者ごとの料金体系により無断駐車の排除をする
とともに、駐車場のスムーズな運営が行われています。

◎ 管理、規制を行い整備された駐車場は、犯罪に対する抑止力になります。

『駐車場』に関するお悩みをお持ちの方は、まずは弊社営業にご相談ください。(文責:営業部 長尾)

■観光地の有料駐車場を移動式に!

カーゲートを使った駐車場システムのデメリットとして、出入口にコンクリートによる基礎がある為に
場内のスペースをとってしまう
というのがあります。

駐車場システムとはそのようなものだという固定概念があったのですが、盆踊りで有名な観光地からの
ご要望で、
 「普段は有料駐車場として利用して、年に数日間だけの盆踊り会場用に駐車場をフラットにしたい。」
というお話をいただきました。

下の写真は、通常の駐車場として利用している場合の事例です。

観光地の移動式駐車場例:通常の駐車場として使用する場合

■カーゲートが取り外せる駐車場の提案

そこで弊社が考えたのが、ループコイルはやむを得ないのでそのままにして、礎を鋼板で制作し、
取り外し可能
とする
提案です。
コネクターとアンカーボルトを外し、ハンドリフターを使用して移動することにして、
お客さまのご要望にお応えすることができました。

鋼板基礎のコネクターとアンカーボルトを外すことにより、取り外し可能となる駐車場機器

盆踊り会場になる時は、このバリカーを取り外す

移動式駐車場を移動させ「踊り会場」にした例

※郡上八幡産業振興公社様の導入事例
盆踊り期間中、夜間のみ駐車場(上の写真)を移動し、「踊り会場」として使っている事例。
移動式駐車場導入事例へ≫

■固定概念を外して出来た「移動式駐車場」

またある駐車場でも、
 「現在はこの場所でよいが、将来少し移動したい。」
という話をいただき、そこにもこの鋼板取り外し式基礎を納入し、移動式駐車場となりました。
「駐車場はこんなものだ」という固定感念を変えてみる必要ってありますね。

この他、工事現場などで一時的に駐車場ゲートを設置したいといった仮設駐車場の管理のご要望が
ありましたら、是非お問合せください。(文責:営業部 小酒井)

■駐車場に雷が落ちたらどうなるか?

弊社のサービス事業部では、お客さまから
「近所に雷が落ちたみたい。それから駐車場の機械が動作しなくなった!」
と、修理のご依頼を受けることがあります。
駐車場の機器に直接落雷しなくても、ゲートバーが動かなくなることがあります。
特に梅雨時は、雷が落ちた地域のたくさんのお客さまからオンコール(修理依頼)が集中します。
駐車場経営をされている方へのご参考までに、こんな時の弊社の対応をご紹介いたします。

駐車場システム機器は屋外設置の環境でもあり、落雷等による外部からの電気が、機器内部へ流入
することが多く、そのための過電流で電気部品が破損することがあります。
<<どのような状態かというと↓↓>>
機械の内部に使用されている基板の電気素子が焼けてしまい、ゲートバーが動作しなくなります
落雷による故障の場合、故障範囲が大きくなることもあり、重度の場合は機器本体の交換となるケース
もあります。

駐車場に落雷した時破損するこのと多い「基盤」の写真2種類

■機動部隊が現場へ急行!即時対応!!

オンコールをいただいたら、まずは故障の可能性の高い交換部品を持って現場へ急行します。
システムが停止することによる損失(駐車場売上金の減少、対応人員の手間など)を最小限にすべく、
状況を把握して機動的に対応いたします。
程度の差はありますが、修理費用は故障範囲によって大きく影響します。
最悪なケースでは、機器内部に使用されている電気部品のほとんどを交換するケースもあるのです。

■事前対策のおススメ

大切な駐車場機器に雷が落ちたら大変です。いくら天災とはいえ、防げる手段があれば事前に防御策
を取った方がよい場合も多々あります。
落雷による流入電流を防ぐ設備としては、避雷器(SPD)があります。
落雷の被害が多発していたお客さまに本設備を導入後、ぱったりと被害が無くなった事例があります。
また、一般的に動産保険とよばれる落雷被害を保障する保険があります。これは事後処理となりますが
費用負担のことを考えれば選択肢の一つと言えるでしょう。
動産保険に関しては、別の機会に詳しくご説明しますので、今回は割愛させていただきます。

いずれも、お困りになる前に事前対策をされることが、駐車場経営者さまにとって賢明なご判断だと弊社
は考えます。まずはご相談ください。

■他社製品のフォローもおまかせ

このように、落雷などの事故が起こった場合も、当社のサービス担当者が迅速に責任を持って対応いたし
ますので、どうぞご安心ください。
また、当社の機器をご利用でない場合の対応や、ご不安を解消するための様々なご提案もさせていただ
きますので、お気軽にお問合せください。(文責:サービスセンター長 安福)

■バー受け

駐車場機器のカーゲートオプションに、「バー受け」があります。
今回は、この「バー受け」を必要とする場合と、その効果についてカーゲートのしくみから順に
ご説明します。

カーゲートが閉状態となっている時、カーゲートのゲートバーは宙に浮いた状態を維持します。

カーゲートのオプション「バー受け」全体イラスト図

カーゲートは、カーゲート本体を軸にゲートバーが上下動しますが、ゲートバーの先端は軸から
最も遠い位置にあるため、風の影響によりゲートバーが左右に振れることがあります。

 


「バー受け」上面図:風の影響によるバーの振り方向を示したイラスト図

 


バー受け断面図:、左右に風を受けてもバー受けで防げることを示す

通常カーゲートを設置した場合、ゲートが閉まっている状態(=ゲートバーが水平状態)が、
1日のうちで最も長くなりますので、閉時に突風が吹いてゲートバーが折れることを防ぐため
風の強い地域ではバー受けを設置することがあります。

沿岸部は平均的に風が強い地域となりますが、沿岸部以外にも地形によって設置予定箇所
の風量が多くなることがありますので、現場状況を十分に把握して選択するようにしてください。

駐車場機器カーゲートの「バー受け」についてご不明な点があればお気軽にご相談ください。
(文責:営業部 武藤)

【その他のカーゲート機器オプション】
カーゲートオプションのご紹介①「バー垂れ幕」
カーゲートオプションのご紹介②「LED照明」
カーゲートオプションのご紹介③「満空表示灯」

■駐車場の満空表示灯

駐車場の中に設置されている満空表示灯についてご説明します。
満空表示灯は、敷地内に入場する車両と出場する車両を検知し、
敷地内駐車場の満空表示をすることができます。


満空表示.jpg

カーゲートのオプションとして満空表示を行う場合、満空表示灯用の
制御盤と組み合わせ
てご使用いただきます。

制御盤内に組み込まれている機器を操作することで、満車台数の設定
や強制的に満車表示にすることなどが可能です。

お客様の駐車場に応じて特注の満空表示機器を製作することも可能
ですのでご相談いただければと存じます。


満空表示灯の特注例1


満空表示灯の特注例2

満空表示灯の形や仕様(両面表示など)等ご利用状況に応じて
関連する機器の仕様も異なりますので、ご相談いただければ
お客様の駐車場に最適な機器仕様にてご提案させていただきます。
(文責:営業部 武藤)

【その他のカーゲート機器オプション】
カーゲートオプションのご紹介「①「バー垂れ幕」
カーゲートオプションのご紹介②「LED照明」
カーゲートオプションのご紹介④「バー受け」

■LED照明

ゲート取付けオプションに、ゲートバーの視認性を高めるための
ゲートバー用LED照明をご用意しております。

ゲートバーにはアルミバーとFRPバーの2種類をご用意しており
ますが、このLED照明3mアルミバー専用となっております。


LED照明①_R.JPG

※写真は現在開発中の新式LED照明

3mアルミバーに取り付けるLED照明は、ゲート閉鎖中ゲートバー
が上昇又は下降中に点灯
しています。
(=ゲートバーが上がりきった状態のときは消灯しています)


LED照明②_R.JPG

LED照明をお選びいただく理由としましては、夜間にもゲートの通行
を行うことが想定される場合
にお選びいただいているようです。

既にLED照明なしの3mアルミバーをご使用の場合には、LED照明が
旧式と新式等の違いによりそのままご使用できない場合がありますの
で、一度ご相談いただければと存じます。(文責:営業部 武藤)

【その他のカーゲート機器オプション】
カーゲートオプションのご紹介①「バー垂れ幕」
カーゲートオプションのご紹介③「満空表示灯」
カーゲートオプションのご紹介④「バー受け」

■工場入退管理システム導入に至るまで

7年前(2007年)にある工場で、当社の提案した入退管理システムの導入が始まりました。
当社は、それから更に遡ること6年程前(2001年)から、この工場に車両の入退管理に
関する提案をし、毎年予算を計上していただきながらも実現には至りませんでした。
しかしながら、きっとこのシステムは工場にとって必要不可欠なシステムになると、
強い信念を持ち、毎年ICカードを使った車両入退管理の提案をし続けました。
そして、6年越しでやっとその工場に入退管理システムを導入させていただくことが
できました。

■入退管理システム導入の背景

導入のきっかけとなった一つには、社会的な背景として情報の取り扱いについて
セキュリティー不安の現状が浮き彫りになってきた
ことが挙げられます。
そして、当社にとって思いがけないもうひとつの要因がありました。
それは、当社の想定外だった人の入退管理の重要性でした。

この工場には、正社員の他にパート従業員や外国人の派遣社員が大勢います。
そうしたなかで、管理を担当されている総務部では、この派遣社員の労務管理に
大変苦労
されていました。
特に外国人で数日働いて、無断で出勤しなくなってしまうことが多々あったのです。
総務部では、派遣会社から提出される勤怠表に基づいて賃金を支払っていますが、
現場の労働日と実際の勤怠表に食い違いがあり、派遣会社もそこまでは管理できず
本人任せになっている状況だったのです。
そのため、支払わなくてもよい賃金を余分に支払っている結果となっていました。
そこで、ゲートで車両の入退管理をするとともに、人用ゲートも設置することで、
この勤怠管理問題も同時に解決できることをご提案し、総務部担当者の方が本腰を
あげられたことが、導入の背景にありました。

ICカードゲートシステムの導入例

 

人用ゲート

■車両と人が両方入退管理できるICカードゲートシステム

こうして、ICカードによる車両入退管理部外車両の侵入を防ぎ、セキュリティ
の強化
をするとともに、従業員の出入り管理も同時にできるようになり、ご担当の
方に喜んでいただける結果となりました。
長年のお付き合いの中で、担当者の方々とも信頼関係を築くことができたからこそ、
実際のお困り事のご相談もいただけ、問題解決ができたのだと思います。

今後も当社営業部では、お客さまのご要望にしっかりと向き合ってご提案させて
いただきます。工場や施設の入退管理セキュリティーゲートに関するご質問など
お気軽にお問合せください。(文責:営業部 北瀬)

ゲートバー折れ事故の原因と対応策

保守サービス

2014年4月28日

■はじめに

弊社は、駐車場ゲート機器をはじめ、セキュリティゲート関連商品やシステムを取り扱っておりますが、
販売や施工だけでなく、アフターサービスも充実しております。
前回お話しました『メンテナンスサービス』もそのひとつですが、今回はあまりあってほしくないことですが、
『事故』に関するアフターサービスをご紹介いたします。
まずは、車両の衝突による『ゲートバー折れ事故』です。

カーゲートのバー折れ写真

■なぜゲートのバー折れが起こるのか?

カーゲートシステムは、本来1台ずつ通過するように設計されているシステムです。
したがって1台の車両がゲートバーの直下にいる場合には、ゲートバーが下りてこないように、
直下検知センサというものがあります。
ですから車両がゲートバーを通過中にゲートバーに衝突するという事故は起こりません。

しかし、ゲート前で、ゲートバーに近づき過ぎて接触したり、ゲートバーが上がる前に前進して折ったり、
ほかにも前の車に続いて通過しようとして、ゲートバーが下りてくるところへ衝突したこともありました。
また、ゲート通過後になぜか後退してゲートバーに衝突した、という事例もあります。

■バー折れ時の対応策

しかしゲートバーの衝突事故は徐行している場合がほとんどですので、大きな事故に至りません
破損箇所は主に取付元ですので、ゲートバーは根本側半分を交換するだけで済みます。
またゲートバーはグラスファイバー製で女性でも軽々と持てる重さで柔らかいので、車両を大きく
破損させることもありません。


ゲートバーの在庫

弊社では、お客様から「ゲートバー折れ事故」の一報を受けますと、メンテナンスの担当者が予備バー
の有無を確認
いたします。
担当者が交換にもうかがいますが、先にも述べたようにゲートバー自体は女性でも扱いが可能なもの
ですので、お客様ご自身で交換することも可能です。そのためにもお客様には予備バーの常備
お願いしております。

『ゲートバー折れ事故』は起こってほしくないものですが、起きた場合のアフターフォローも万全を期して
おります。どうぞご安心ください。お問合せもお気軽にどうぞ!(文責:営業部 長尾)

お問い合わせ電話番号

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求はこちら

カテゴリ

月別アーカイブ

安全対策

WEBで簡単購入

お客様サポート

保守サービス

保守サービス

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

全国特約店一覧

全国特約店一覧

カーゲート販売から施工・メンテナンスまで、当社公認の特約店が請け負います。

全国施工エリア一覧

全国施工エリア一覧

よくある質問

よくある質問

WEBで簡単購入
新卒・中途採用正社員急募!

PAGETOP