駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

駐車場ゲート通信

HOME>駐車場ゲート通信

駐車場ゲート通信

■バー垂れ幕

下の写真は、駐車場等のカーゲートに付いているゲートバーに取り付ける垂れ幕です。
カーゲートのオプションとして垂れ幕を付けていただくことで、様々なメリットがあります。
垂れ幕を付けると視認性が高まり、危険性を回避することができます。
また、メッセージを伝えることができますので、お店の駐車場などにも効果的です。

標準タイプは表裏印刷で、「進入禁止/一旦停止」「一旦停止/一旦停止」2タイプ
をご用意しております。


駐車場ゲートのゲートバーに付ける垂れ幕

垂れ幕は、ゲートバーにインシュロック(固定治具)で固定します。

また別途費用となりますが、お客様のご要望に応じて特注で文言違いや色違いなど、
下イメージのような垂れ幕も制作可能です。


駐車場ゲートに付ける垂れ幕の特注タイプ(試験路につき一般車両進入禁止)

こういった文言の垂れ幕を付けたいというご希望があればご相談いただければと存じます。
(文責:営業部 武藤)

【その他のカーゲート機器オプション】
カーゲートオプションのご紹介②「LED照明」
カーゲートオプションのご紹介③「満空表示灯」
カーゲートオプションのご紹介④「バー受け」

電動ゲートで部外車両の規制

カーゲート機器

2014年4月24日

■電動ゲートの種類

昨今、一人1台車を持っていることが当たり前の車社会になってきました。
街なかには無断駐車を防ぐために駐車場ゲートが増え、また施設、工場などでもゲートを利用した
不正侵入防止のための電動ゲート機械が増えてきました。
このように、様々な場所で車両の規制を行う場所が増えてきています。
施設のセキュリティを上げるにもまずは外から、車両の出入り管理からというニーズも増えてきて
います。
弊社では、車両を規制する電動のゲートを各種取り揃えております。
電動ゲートは、使用用途に合わせた4種類をご紹介致します。

■カーゲート

カーゲートは、よくある駐車場の出入口に設置したある遮断機型のゲートです。
またこのカーゲートは、弊社で一番の販売実績のあるゲートです。
おもに車両のみを規制するために利用され、FRP製もしくはアルミ製ゲートバーにて車両を規制
します。
ゲートバーの耐久性は、車両が接触すれば折れる程度の強度で制作されていて、もし接触したとして
も車両を守る設計
となっています。

4mFRPバー仕様(写真).jpg

■チェーンゲート

チェーンゲートは、チェーンを両端の駆動機で上下させ道路を規制するゲートです。
カーゲートより間口の広い場所に対応しており、最大10mまで間口の規制が可能です。
またチェーンで規制することである程度人の侵入防止の抑止効果もあります。

chain_2.jpg

■電動門扉

電動門扉は、大型の門扉に駆動機を取り付け電動で開け閉めして道路を規制するゲートです。
規制対象は車両及び人を規制します。
門扉の材質もスチール、ステンレスと選ぶことができ、お客様のご要望に合わせた門扉を制作
することができます。

lineup01.jpg

■フェンスゲート

フェンスゲートは、カーゲートの開閉スピードと電動門扉の規制力を取り揃えたゲートです。
人と車の両方に適応するのが特長で、外部との遮断をより強固なものにする、ワンランク上の
ハイセキュリティゲートです。
フェンスゲートはフェンスをカーゲートにつけたような構造をしており、 それを開閉させ部外車両
及び部外者の進入を防ぎます

fg_top.jpg

■お客様のニーズに合わせてご提案

弊社は、駐車場のシステム設計からスタートした車両の出入管理のコンサルを得意としています。
施設の車両出入り管理をすることで部外車両の排除ができ、施設内にどの車両がいるか、いつ
出入りしたかの管理
をすることで施設内のセキュリティ対策につながります。
 ◎犯罪を未然に防ぐ!
そのためには、まずゲートによる規制をすることから始める必要があると思います。
その他、様々な認証システムなどと組み合わせシステムをご提案させていただきます。
車両の出入管理に関しましてご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください
(文責:営業部 玉腰)

カーゲート単体で購入できるメリットとは?

カーゲート機器

2014年4月22日

■カーゲート単体での販売


パブリックシステム製カーゲートの画像

弊社ではカーゲートを単体でご提供することも行っております。

カーゲート単体とは何を意味するか分からない方もおられるかと存じます。
カーゲート単体とは、カーゲートについているゲートバーを動かすための
制御装置を持たない、純粋に弊社カーゲートのみの商品です。

■カーゲート単体はどのように使用するのか


カーゲートとの組み合わせ例

制御装置を持たないカーゲートとなりますので、お客様にて制御装置をご
用意
いただける際に、カーゲート単体でご提供させていただいております。

カーゲート単体では、外部より開信号と閉信号(無電圧a接点)を入れるこ
とで、ゲートバーの開放及び閉鎖を行うことができます。

また、開放し切った状態と閉鎖し切った状態を接点信号でお客様ご用意の
外部機器へ出力できます。

お客様制御装置との連携以外には、カーゲート本体に100V電源を供給
いただければ動作します。

■どのような場所で利用されたか(導入事例)

カーゲート単体販売は、過去に工場内部のエリア区分けで使用されたり、
自動走行機器の動作エリアと人の通路との間に設置されたりしています。

弊社のように、カーゲートを単体で販売している会社は日本では他にない
ため、このように制御装置を自社でお持ちの工場さまにとっては、安くて
便利な部品としてご利用
いただいております。

■注意点

弊社カーゲートのリミットスイッチはソフトスイッチとなっております。
とある工場様では、安全上ハードスイッチとしてほしいとの要望でハードス
イッチ仕様で納品したことがあります。
リミットスイッチをハードスイッチとしたい場合等、お客様より必要な仕様が
ある場合はご相談ください。(文責:営業部 武藤)

■磁気カードからICカードへ変化

従業員証、学生証、電車の定期券、許可証など最近は磁気カードからICカードへと、
カードの形態が変化して来ています。
そうした流れのなかで、駐車場や施設のゲートシステム、工場のセキュリティゲート
などで、ICカードを利用したシステムを導入されるお客様が多くいらっしゃいます。

ICカードリーダにICカードをかざしている画像

■ICカードのメリット、デメリット

磁気カードとICカードの違いは下記のような違いがあります。
【認証方法の違い】
 ・磁気カード → 磁気ストライプの磁気情報を磁気ヘッドに接触させ読み取る。
 ・ICカード   → ICチップの情報をカードリーダから発する電波で読み取る。
磁気カードにおいては、磁気ヘッドに接触させて読み取ることで、読み取り部分が消耗し、
定期的に掃除や交換をする必要があります
ICカードにおいては、カードリーダから発する電波で読み取るので接触部分がなく、基本的に
掃除や交換の必要がありません。(基本的な使用条件においての場合です。)
そのため、磁気カード方式よりICカード方式のほうが導入後のメンテナンスが少なくすみます。
金額においては、磁気カードの発行枚数に比べICカードのほうがまだまだ少なく、磁気カードに
比べICカードが若干高価になります。
しかし、最近では各カードメーカー様の努力で安価になってきました。

■ICカードで管理するカーゲートシステム

弊社では、ICカードをカードリーダの読取部に近づけるだけでデータを読み取り照合後に
ゲートを通過できる、ICカードゲートシステム
を販売しています。
このシステムは、工場従業員やマンション住民、施設職員など、関係者の入退出管理をし、
部外車両の侵入を防ぎます

駐車場のICカードによるカーゲートシステムをイラストでご紹介
弊社のICカードを利用したシステムは、下記2種類のタイプのICカードに対応したシステムを
取り揃えております。
【I-CODE】
世界標準であるISO15693規格に準拠した非接触ICカードです。
【Mifare】
非接触ICカード規格でTypeAと呼ばれる近接型通信(10cm以下)の非接触ICカードです。
他にも各社カードリーダの組込も可能です。
ICカードを利用したカーゲートシステムをご検討のお客さまは、ぜひお気軽にお問合せください。
(文責:営業部 武藤)

有線式卓上リモコンのご紹介

カーゲート機器

2014年4月18日

■ゲート2台用有線式卓上リモコンについて

リモコンゲートのオプションに、有線式の卓上リモコンがあります。
弊社リモコンゲートのご紹介ページには1台式のものしか載せておりませんが、
開閉ボタンが2セットついた2台用の有線卓上リモコンもご用意しております。

工場の入り口などでゲート2台を設置し、守衛さんが開閉を操作するといった
運用の場合は、2台用の有線卓上リモコンを使用すればリモコン1台で運用
することができますので、ご相談ください。

無題.png

(上写真は1台用となります)

■特注の卓上リモコンについて

弊社ではお客様のご要望に応じて、特注のリモコンを制作することもできます。
ボタンにガードリングをつけたい、大きなボタンにしたい、筐体色を変更したい、
などなどさまざまなご要望に応じて設計・制作いたします。


特注リモコン_R.jpg

(上写真はステンレス筐体+ガードリング付ボタン仕様)

リモコン以外にもゲート付属機器に関してこういったものが作れないかということで
あれば、一度ご相談いただければと存じます。(文責:営業 武藤)

■店舗駐車場でお困りの現状

車社会において、店舗でお客さまの駐車場を確保することは当たり前のこととなっています。
ところが店舗のオーナーさまからこんな相談を受けることがあります。

「お店のお客様用の駐車場に無断駐車が多いので困っています!」
「観光地のみやげ物屋の駐車場ですが、当店で買物をしてくれた人に対しては駐車料金をもらわず、
そうでない人からは料金をもらう方法はありますか?」

一般の有料駐車場と違い、店舗に併設された利用者向けの駐車場は、その店舗を利用した人に
向けたものですが、どんなに「お客様専用駐車場」と注意看板を建てても、無断駐車や不正駐車が
あとを経たない
のが現状です。
それが観光地ともなれば、そのお客様がお店で買物をしてくれるか否かは、駐車した時には不明です。

そういう場合に役立つものが『サービス券』です。今回はその『サービス券』についてご説明いたします。

■駐車場サービス券の種類とメリット

有料駐車場で使われる『サービス券』とは1枚の紙の券です。
出口の精算機に駐車券を挿入して、駐車料金を支払う際にこの券を挿入すると、金券のように使用
できるものです。
『サービス券』には、100円、200円というように料金をサービスできる券と、1時間、2時間というように
時間をサービスする券2種類があります。
お店の方はこのサービス券をお店のお客さまに渡すことで、店舗利用者に対して駐車料金をサービス
することができ、店舗利用者以外の方からは料金を徴収できます。

サービス券は数多く作成しますので、小分けして配ることができるという利点があります。
例えば、商店街などでひとつの有料駐車場を数店の店舗で共同利用する場合、各店舗にサービス券を
配布
しておくと、それぞれのお客様にお渡しすることが可能です。
またお客様の購買金額に応じてサービス券の配布枚数を増やすことで、サービス料金やサービス時間
を調整
することもできます。

【標準サービス券】 ※簡易なデザインで少量作成が可能


駐車場の標準サービス券




【オリジナルサービス券】 ※ご希望のデザインで色が選べる


様々なデザインのオリジナルサービス券

 

サービス券はお客さまが券面をデザインでき、大量に作成する「オリジナルサービス券」が主ですが、
弊社では簡易的なデザインで少量の作成が可能な『標準サービス券も扱っております。
どうぞお気軽に担当者までご相談ください。(文責:営業部 長尾)

観光地の有料駐車場について

駐車場管理

2014年4月16日

■観光地の有人有料駐車場の問題点

近年日本の観光地も海外からも注目され、海外からの観光客が増えてきています。
その為に、観光地の駐車場がバスを含め季節によっては満杯になり、駐車場不足が深刻化
しているのが現状です。
これらの駐車場は、ほとんど有料化されてきてはいますが、観光客の少ないシーズンもあり、
年間を通してのことを考えてなのか、出入口に人がついて集金をしているところがまだまだ
多い状況です。
このような有人駐車場では、釣銭など現金を扱うことや、領収書を手渡すなど、実は相当な
労力を要します。また、人の手による集金は当然トラブルも出てきて金額合わせも大変です。

■観光地の駐車場管理は自動料金精算システムで

上記のような人為的トラブルなどの問題回避や人件費の削減をするため、観光地にも
駐車場ゲートによる自動料金精算システムが導入されつつあり、これによってスムーズな
駐車場運営
が可能 となっています。

kanko_parking.jpg

この自動料金精算システムの導入メリットは、
・集金をしていた人が減らせる
・人員削減できない場合は、場内案内にまわってもらうことが出来る

など、有料駐車場管理の効率化が図れます。

■観光地の駐車場には均一料金システムが最適

観光地の駐車場システムは、均一料金システムが最適です。
時間貸し駐車場ではなく、一日の料金を決めて、入り口精算もしくは出口精算として、
それぞれの状況に合わせることが出来ます。
また、観光バスなどの大型車両に関しては、大型用車両検知センサを取り付けること
により、大型料金を表示して別料金を徴収することも可能です。
このように、均一料金システムは、バスと普通車の混在する観光地駐車場にはふさわ
しいシステム
といえます。(文責:営業部 小酒井)

 

カーゲートの運用と制御方法

カーゲート機器

2014年4月15日

■様々な制御機器

ICカードゲート
ICカードゲートの写真

駐車場などにカーゲートを設置する場合、設置をご検討されるお客さまがどのような運用を
したいかによって、その制御の方法が異なってきます。

カーゲート設置をご検討されている場合は、どういった運用をしたいと考えているかによって
使用可能な制御機器が変わってきますので、まずはある程度の運用方法を事前に考えて
おく
必要があります。

■制御機器の種類

無線リモコン メダル式ゲート
無線リモコン(左)とメダルゲート(右)

制御する機器には、ICカードリーダ無線又は有線リモコン、テンキーといった認証機械
あります。

運用方法に応じて使用できる制御機器が異なるというのは、例えば無線リモコンで入出場を
行なうといった場合には、無線リモコンを持たない通行車両は通行できなくなりますが、
不特定多数の来訪者も通行させたいといった場合には、無線リモコンのみではリモコンを所持
した特定の通行車両しか通行することができません。

不特定の来訪者も通行させる場合には、常駐する守衛などがリモコンで開閉する方法や、
入場させたい来訪者に事前に暗証番号を教え、テンキーを操作して通行してもらう方法など
をシステムとして構築する必要があります。

運用方法に応じた制御機器をご用意又はご提案させていただきますのでお気軽にご相談ください。
(文責:営業部 武藤)

鳥インフルエンザ対策に関わるゲート機器

セキュリティ強化

2014年4月14日

■熊本で鳥インフルエンザ検出

熊本県多良木町の養鶏場で鳥インフルエンザが検出され、多良木町で5万6千羽、
相良村で5万6千羽、計11万2千羽の殺処分が始まったとのことです。

対象となった両養鶏場から3km圏内を移動制限区域、3~10km圏内搬出制限区域
とし、熊本県では鳥の殺処分と11箇所で車両の消毒を行なっているそうです。

渡り鳥の移動時期が終わるゴールデンウィーク頃までは感染の可能性があるため
防疫対策の徹底が必要とのことで、農林水産省から4月13日付けでプレスリリース
されている記事に今後の対応の詳細も記載されています。

■鳥インフルエンザ対策

以前にも本ブログでご紹介しておりますが、最近話題に上がっておりますので再度
見ていきたいと思います。

考えられる侵入経路は外部からの
①車両の侵入
②野鳥・野生動物の侵入
③飲用水・飼料の汚染による侵入

となり、これら外部から内部へ入ってくる部分への対策をとることが重要となるように
思います。

弊社機器では②野鳥・野生動物の侵入と③飲用水・飼料の汚染による侵入は対応
範囲外となりますが、①車両の侵入の点では弊社機器を使用して対策の一端を担
ことができます。

■車両の消毒とカーゲート

農林水産省より公開されている「高病原性鳥インフルエンザ及び低病原性鳥インフ
ルエンザに関する特定家畜伝染病防疫指針」に防疫対策等詳細が記載されていま
すが、事前予防についてはホームページ等で公開するとしており、公開されている
資料を確認してみますと車両の侵入についての対策は下記の通り書かれています。
・農場出入口 :外来者の出入りを監視したり、外来車輌の消毒等を確認しましょう。
・鶏舎出入口 :外来者の出入りは最小限度とした上で、衛生的な区画と非衛生的な
  区画を分離しましょう。
  衣服等に伝播するのを防止できる構造にしましょう。
・鶏 舎 内 :踏込消毒槽と手指消毒用手押し式消毒器または消毒薬噴霧器を設置
  しましょう。
弊社商品のカーゲートは車両の通行規制をする機械となっておりますので、区画間
の車両通行規制を行なうことが可能
となります。消毒をする場合には、ゲートバーに
よって物理的に区切ることができますので確実に1台1台を消毒することができます。

鳥インフルエンザとゲート 図解
上の絵のように全方向的に守ることが理想になるかと思いますが、その中でも弊社
カーゲートは場内への車両通行を規制する役割を果たします。

■制御について

以前弊社にて養鶏場へ設置をした案件では消毒層の制御を行なっている業者から
信号を貰い開閉する
ということを行なっています。
またその他制御を行ないたい場合は、弊社へご相談いただければシステムをご紹介
させていただくことも出来ます。
【消毒装置と連動する簡易ゲート・リモコンゲートシステム導入事例】

現在話題として取り上げられている鳥インフルエンザに絡めまして、弊社カーゲートを
ご紹介させていただきましたが、興味をもたれましたらご相談いただければと存じます。
                           (文責:営業部 武藤)

危機管理体制に基づいた工場向け電動車両ゲート

セキュリティ強化

2014年4月11日

■「社員証」で工場セキュリティから人の管理まで!

昨今、工場の正門などの出入口にセキュリティ強化のため電動車両ゲートを設置される工場
増えて来ています。
工場の出入口ゲートでは、ICカードを使った社員証で入退場を行うため、入室場履歴が取れます。
また、専用の管理ソフトを用いてパソコンで管理を行う事により、勤怠管理や緊急時の安否確認にも
利用することができます。
ICカードは、このようにカード1枚で工場内外の車と人の管理をすることができます。

 


iccard01.jpg

■緊急時に対応する電動車両ゲート

今まではただ単に、ゲート装置を設置して車両のみのセキュリティ管理をすればよいとして、
電動ゲートシステムが導入されてきましたが、最近では危機管理体制の強化等、工場全体で
運用の見直し
が行われ、ゲート装置であればなんでもよいとは行かなくなっています。

タッチレス3_R.jpg

緊急時の避難には、工場内では電源が遮断されたら部屋に閉じ込められる事のないように、
停電時にドアの電気錠が開放されるような錠を選択される事が多くなっています。

電動車両ゲート装置においても例外ではありません。
一般的に、ゲート装置は駐車場の料金精算システムで導入されているカーゲートを流用する
場合が多いのですが、料金精算システムで用いるゲート装置は、駐車料金の徴収が目的なので、
簡単にゲートバーが開放できないようになっています。そのため、停電時などの非常事態では、
ゲート装置の扉を開けて専用ハンドルを回し、ゲートバーを開放させる必要があります。
緊急時にそのような事が行えるでしょうか。

その点、弊社の電動車両ゲート装置は、工場などの施設専用に開発を行っていますので、停電時
にはゲートバーがフリー状態になり、手で持ち上げれば簡単にバーが開放できます。
また開放しきればロックがかかりゲートバーは下がりません
このように、弊社のゲート装置は、
 昨今の工場の危機管理体制の考え方に沿っております
弊社の車両入退管理システムでは、このような考え方に基づいた工場向け電動車両ゲート装置を
何種類か用意し、システム商品として提供させていただいております。

工場のセキュリティと危機管理強化をお考えの場合は、ぜひ弊社にお問い合わせください。
(文責:営業部 北瀬)

お問い合わせ電話番号

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求はこちら

カテゴリ

月別アーカイブ

安全対策

WEBで簡単購入

お客様サポート

保守サービス

保守サービス

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

全国特約店一覧

全国特約店一覧

カーゲート販売から施工・メンテナンスまで、当社公認の特約店が請け負います。

全国施工エリア一覧

全国施工エリア一覧

よくある質問

よくある質問

WEBで簡単購入
新卒・中途採用正社員急募!

PAGETOP